HRC OFFICIAL PARTNER

サンプル・試作実績はこちら

  • プラスチック試作工程などを分かりやすく説明致します。初めての試作
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL.045-534-2730 FAX.045-534-2739

品質マネジメントの国際規格国際規格 ISO 9001:2008
「2011年 熊本工場取得」

切削加工

切削加工イメージ 無垢材から削り出す工法です。
  • ご希望の樹脂材料で加工できます。
  • “成形型”作成の必要が無く
     少ロットの場合、コストを抑えられます。
  • 部品“強度”が要求される製品にも最適です。

製品特徴

無垢材から、削り出すことで精度、強度に優れた製品ができます。

“型”を必要とせず、3Dデータから最短3日程度で作製が可能です。

用途

デザインモデル(意匠検討、※ご希望の色に塗装も可能です。)

ワーキングモデル(機能評価、組付検討)

各種「成形型」用 マスターモデル

さらに詳しく

概要

切削イメージ

切削加工は、バイスに固定された材料に切削工具を
回転移動させることでご希望の形状を削り出して
いきます。
1)工作機械用プログラムの作成。
  素材により刃物の回転、送り、切削シロなど
  最適な切削方法をCAD/CAMにて作成します。
2)材料を工作機械(マシニングセンター)に固定。
  エンドミル等の刃物で 0.001mmの精度で削り
  出します。

メリット

「量産品を前提とした樹脂材料」を ご指定いただくことで、
事前に“製品強度”や“タッチ”などの確認ができます。

流動状の樹脂を型に流し込む 他の工法と違い、
気泡の無い「無垢材」から削り出すため“物性確認”に最適です。

いくつかの異なる樹脂材料で製作することで、量産で使用する樹脂の選定にも役立ちます。

さらに詳しく

デメリット

切削加工の“かすかな刃跡”が残る場合がございます。
※透過性が必要な際には、手加工の追加が必要になることがございます。

アンダーカット形状部分は、切削条件上、一体での加工ができません。
※分割切削後、接着もしくは溶着などの加工にて仕上げます。

量産の場合はコスト高になります。
※製作する数量により“成形型”から“複製品”を製作する各種工法を おすすめいたします。

さらに詳しく

寸法精度

100mm に対し±0.1mm と精度に優れます。

樹脂

ABS、アクリル、PPなどに代表される汎用プラスチックから、
エンジニア プラスチック(ジュラコン、ポリカーボネート、ナイロンなど)を使用します。

※ケミカルウッドや発砲ウレタンの加工も承ります。
  製品や試作品の用途に合わせ、使用樹脂をご提案いたします。

追加工

部品どうしの接着や組付(ASSY)も おまかせください。

お手持ちの“既存製品”に「部分改造」などの切削加工を施すことも可能です。

さらに詳しく

データについて

切削加工では、切削機(NC/MC)を動かすための3Dデータが必要となります。

3Dデータを お持ちで無い場合、3面図や お手持ちの製品からも3Dデータを作成いたします。

さらに詳しく

設備

マシニングセンターマシニングセンター

FANUC社製 α-T21IFL

ワークサイズ:700mm×400mm×330mm
工具本数:21本装備。

NCフライス

NCフライス

OKK社製 TRC1250

ワークサイズ:2250mm×1250mm×1000mm
CAM

WorkNC

切削機(NC/MC)を動かす加工データを作成します。
“形状”や“材料”に合わせた最適な切削方法(刃物の回転、送り、切削シロ)で大幅な加工時間削減や生産性の向上を実現しています。